フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

旅行・地域

2012年11月20日 (火)

鎌倉観光2012

「着物を着てお出かけ」で鎌倉に行ってきました♪

午前9時頃家を出たのに着いたのは昼前。即ランチです。
平日なので予約もせず「なると屋」さんへ。お豆腐のお店ということでチョイスしたのですが結構有名なお店のようで開店前から長蛇が・・どうにか入店できました!
ランチは1500円くらいの3種。鎌倉はお野菜が有名なので和食を選んだのは正解。とても美味しくて上品な味を堪能できました。
022
ランチの画像撮り忘れ(悔)
 
午後のお寺廻りは、私の意見?で鶴岡八幡宮→建長寺→明月院→円覚寺。
鎌倉観光なんて記憶にないくらい昔なので「鶴岡八幡宮」は欠かせない。そこから北鎌倉まで徒歩で走破するという無謀な計画。(だって着物だもん)
0242
鶴岡八幡宮は七五三の時期とぶつかり超混んでいました。
↑私ですが十五年ぶりのショートカット。着物には襟足が大事★でも余り似合ってない?
「建長寺」は初め予定になかったのですが、途中にあり大きなお寺なので・・そんな理由で立ち寄り。
027029
仏教に関して全く知識のない私がこの旅で一つお勉強したのが、「御朱印帖」。お寺にて訪ねた記録を記帳、押印してもらうもののようです。
お寺巡りを沢山する方とか、仏教に帰依されている方の記録でしょう。
私はお寺とかより綺麗なお庭を観るのが好き。勿論建造物も古くてすごいと思うけど心癒されるのはお庭や画ですね。こちらでは「小泉淳作展」を開催していて天井画の龍は生きて動き出しそうな程すごい画でした。
 
さて、やっと北鎌倉にほど近い「明月院」、別名「あじさい寺」です。こちらは私でも知っている有名なお寺。それ程大きくはないお寺ですが、丸窓やうさぎ、カメが可愛くて気に入りました。12月になるとお庭も解放されるとのこと。紅葉もあと少しなので12月に入ってからの観光がいいようですが、きっとすごい混雑なんでしょうねえ。
036
035_2
それでも、あじさい、紅葉の時期にもう一度訪ねてみたいお寺です。

最後は「円覚寺」。ちょっと疲れたのでブラブラけ見学と思ったけれど縦にながーいお寺で結構歩きました。
037
法要とかしていて身近なお寺と思いきや、臨済宗円覚寺派の大本山。派とか実は全く分からないのですが、由緒あるお寺ということです。最後の気力を振り絞って歩きました。
そんなこんなでもう4時。北鎌倉から疲れ切って帰ってきました。
お寺、お庭、梵鐘など古きよきものに触れた充実した一日でした。着物もきっと街にマッチしていたはず(笑)
本日の装いは黒地の小紋に織の帯。ちょっと渋すぎかしら?(o^-^o)
Blog

2012年10月12日 (金)

富士急ハイランド

いい歳して若者の楽園?「富士急ハイランド」へ行って来ました。周りは大学生、社会人の若いペアか女子二人組か男女のグループか・・・
最近気持ちが折れる事柄があり、「絶叫系に乗るっきゃない!」と決め、平日なのでそんなに混んでないと決めつけて行ったのですが・・・トンデモナイ混雑。

そして私の三半規管が壊れた
思っていた以上にとんでもないアトラクションたちでした。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

P1020037「FUJIYAMA」  一回目はまだ終わらないのって怖かったけど二回目は慣れて大丈夫

P1020041「高飛車」 怖いって聞いていた121度の落下度。でも意外といけちゃいました(笑)

P1020045_5「絶望要塞」↑と「ええじゃないか」は待ちが2時間以上だったので諦めました。(絶叫系大好きの)娘も怖いという「ええじゃないか」は乗りたくなかったのでホッ(。>0<。)

P1020046_2「レッド・タワー」 垂直に落ちるだけです 楽勝(笑)

その他「トンデミーナ」「グレート・ザブーン」等、楽しんで来ました
また行きたいかと問われたら??絶叫系より「絶望要塞」に入ってみたかったな。

2012年9月28日 (金)

ディズニーシー 2012.9.26

今年二度目のディズニーシーへ妹と行って来ました。
妹宅へ午前8時着。そこからは妹の運転でGO!

初めて9月に訪れたんだけど超混んでる~平日の水曜日なのに、な、な、なんでこんなに人、人、人なの・・?
ハローウィーンだから?

確かに園内は↓の通り、ハローウィーン一色ですが!!(゚ロ゚屮)屮

20120926_101047_9

20120926_120556

20120926_170708

オバサン二人のディズニー、そこは夢の国です。嫌なことやがっかりの出来事があった私ですが、混雑の中イヤなことを忘れて楽しんできました♪

20120926_182500
↑待ち時間最高210分だったトイストーリー。今回は諦めたのでまた寒くなったら行ってみようかな。

20120926_210935

あっと言う間に閉演時間に近づいていました。
いつもアトラクションばかり乗っていたので今回はパレードやショウをゆっくり観るという目的だったのでそこは充分堪能できました。
妹に感謝、愚痴も聞いてもらって感謝です。

イヤでなかったらまた行きましょうね

2012年9月13日 (木)

2012年夏

この暑い夏、お出かけした画像です。

恒例の神宮花火大会は、指定席が結構お高いので今年は諦め、昭和記念公園花火大会のみ行ってきました。

20120728_193519

昨年は東日本大震災で中止になったためか今年の花火はすごかった、豪勢、やったね!

シートでの観覧なので脚と腰が痛い・・・

けれど昨年は着られなかった浴衣を着れたので満足の夏でした。(昨年は2回とも雷雨予想)

20120728_1806271

こちらも毎年恒例の浅草行。
スカイツリーは浅草から見るのが私的には一番です。
曇っていたのでスカイツリーの天辺が雲に隠れてGood!

20120814_121928

「今年は高い」と言われる鰻を食べて帰りました!

2012年も暦ではもう秋。暑くて大変だった夏ですが、過ぎていくのを感じるのは寂しいものです。

月日は早い、来年の夏まで元気でいなくっちゃ(笑)

2012年6月28日 (木)

川越観光

近くに住んでいながら観光したことがなかった「川越」。
5月のお話ですが行って来ました

着物の着付けを平日の昼間公民館で習うことにしたら、早速「着物で繰り出す」という企画があり、それが「川越」でした。

午前中10時から着付けをして先生がチェック!車に乗り合わせて川越の懐石料亭「いも膳」へ。ランチでも二千円以上するのでこんな機会がなければ行けましぇん゚゚(´O`)°゚

002

食後は、着物の古着屋さんを覗いたり、アクセサリーを見たり、観光したりブラブラ散策。

003

「時の鐘」。思ったより小柄でした(笑)。とても暑い日だったのでカフェで冷たいものを飲んで帰路に。
川越は18日が「着物の日」。着物で行くと色々なお店でサービスや割引があるそうです。また月一回28日?に着物で集まり川越散策する企画もあるそうです。(未確認)

公民館の着付け仲間は40代から70代までの十人余り。私が若い方で以前習っていた先生なので気も楽。
専業主婦の間は続けようかな~

2012年2月14日 (火)

2012初詣

今日はバレンタインデイ

余り関係ないけどそれよりも・・もう今年になって1か月半も経ってしまったってこと。
私の退職までもあと半月。月日の速さに驚かされる
私にとって2012年がどんな年になるのか超不安です。この記事も今更ですが初詣の画像を載せておきたいと思いました。
いろいろお願いしちゃったので・・・(*´ェ`*)

1月5日深大寺にて。

20120105_100147_2 20120105_100309

紫の地に銀色の梅柄が飛んでいる袷にピンクのなごや帯。髪を切ってしまったのでむりやりのアップ(自宅にて)

20120102_162500

2011年12月27日 (火)

さがみ湖イルミリオン’11-’12

関東最大級300万球のイルミネーションを観に行って来ました。今までにも沢山のイルミを観て来ましたが、音楽に合わせたイルミ「光の大聖堂」の点滅は超感動的

20111226_175339
他にも沢山の見どころがあり、観覧者他いくつかのアトラクションも楽しめて最高ですよ!
以下画像をお楽しみ下さい(スマホ画像より)

20111226_174307 この中が「光の大聖堂」

20111226_180003 「光のトンネル」

20111226_180957 「光の花畑」

20111226_182356 クリスマスは終了してしまったけど超キレイだった「光の庭園」のツリー。
寒いけど歩いているだけで「すっごーい!!」と感動できるイルミネーションです。来年また行きたいなあ

2011年11月12日 (土)

2011 新潟紅葉

試験を前に紅葉を愛でに新潟まで行ってきました

004 007 オダギリ・ジョーの「ゆれる」という映画をご存じですか?香川照之と兄弟役でこのつり橋がストーリー上大変重要なんです。この映画で香川照之の演技上手にファンになりました。
渡ってみたら怖いのなんのって。こんなところで撮影したことが驚きです。ただ渡るのさえ揺れて怖いのに人が来たら怖すぎて渡れない。
紅葉も美しかったけれど、この橋がなんと言ってもすごかった。映画を再度DVD鑑賞してみたくなるほどインパクトある橋でしたヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

2011年8月31日 (水)

東京都檜原都民の森

お盆休み中に東京都檜原都民の森へ行って来ました。集中豪雨の心配があったのでちょこっと散策しただけ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。(帰りはひどい
すれ違った子供達は「こんにちは」って歩いて行ったけど雷雨大丈夫だったのかなあ?

010_2 5つのゾーンに分かれていて一日で踏破できるのか疑問に思うくらい広い

014_2 来年はゆっくり森林浴に訪れたい。
奥多摩湖が真下に見えるスポットがあるそうで是非観たいけど、来年までに足腰鍛えないと・・・

2011年8月22日 (月)

浅草&スカイツリー 2011

今年もお盆休みに浅草に行って来ました。スカイツリーも完成型になっていました

001 浅草寺から見えたスカイツリー

004 散策中見えたスカイツリー暑かった~

009 「前川」のお座敷から見えたスカイツリー( ^ω^)おっおっおっ
このお店は二度目。鰻はやや甘めだけど美味しいしランチ料金(平日のみ)なので嬉しい。

浅草はいつも夏なので着物じゃ暑い。一度は寒い時期に着物で訪れたい街です

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

♪読んでみて♪

  • 新津 きよみ: 同窓生 (角川ホラー文庫)

    新津 きよみ: 同窓生 (角川ホラー文庫)
    久しぶりにホラーを読みました。やはりあり得ない度高い作品は苦手です。幽霊とか宇宙人を信じないタイプなので・・・ごめんなさい。 (★★)

  • 道尾 秀介: ソロモンの犬

    道尾 秀介: ソロモンの犬
    騙されてしまったラストは「やられた~」と感じたが、それまでのすっきりしない個所にイラつく。登場人物がどう思い、感じているのか不明で(それが狙い?)なかなか読み進めなかった。 (★★★)

  • 吉田 修一: 女たちは二度遊ぶ (角川文庫)

    吉田 修一: 女たちは二度遊ぶ (角川文庫)
    恋愛短編集。若い頃の特になんでもない、時を切り取ったようなショートストーリー。納得できるような、できないような男女間の機微。 (★★)

  • 道尾 秀介: 月と蟹

    道尾 秀介: 月と蟹
    直木賞作品。直木賞作品?と正直思ってしまった。この作家、もっと面白い作品が多々あるのに文学的だから?分からない。 (★★)

  • 工藤 美代子: 快楽(けらく)―更年期からの性を生きる (中公文庫)

    工藤 美代子: 快楽(けらく)―更年期からの性を生きる (中公文庫)
    「婦人公論」で連載時話題だったので図書館で借りてみた。性に関してばかりでなく更年期の脱出方法等興味深い内容だったが、渡されるとき表紙を後ろ向きにされたのは何故? (★★)

  • 嶽本 野ばら: 破産

    嶽本 野ばら: 破産
    最近、脚色ありでしょうが、私小説が多いように思う。 できたら以前のような野ばらさん世界満載の乙女チックなロリータ恋愛ストーリーが読みたいなあ。 (★★)

  • 佐々木 譲: 廃墟に乞う (文春文庫)

    佐々木 譲: 廃墟に乞う (文春文庫)
    直木賞作品。警察小説が好きかにもよるが、私は主人公に魅力を感じることができず、連作の個々の事件にも共感できる要素が残念ながらなかった。個人差だろうか・・ (★★★)

  • 桜庭 一樹: 無花果とムーン

    桜庭 一樹: 無花果とムーン
    「GOSICK」で有名な著者。こちらもファンタジー色豊かでルナティックなストーリー。オバサンにはやはりついていけない(涙)。直木賞受賞作のような重い小説を期待してしまう。 (★★)

  • 道尾 秀介: カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

    道尾 秀介: カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)
    評判がよかったので読んでみた。確かに騙され度高く面白かったが、最後のこれでもかという逆転劇はいらなかったような・・・そこまでする必要性を感じることができなかったのが残念。 (★★)

  • 我孫子 武丸: 殺戮にいたる病 (講談社文庫)

    我孫子 武丸: 殺戮にいたる病 (講談社文庫)
    叙述トリックと言うようだが登場人物をずっとある人物と思い込んで読むと最後にそうではないと驚かされる。同じトリックを最近読んだし、余りにグロいホラーなのでちょっと(。。) (★★)

  • 百田尚樹: 幸福な生活

    百田尚樹: 幸福な生活
    百田尚樹作品を読み漁っている。初めてのショートショート。最後の一行であっと言わせる結末が圧巻。長編もすごいが短編もすごい。お薦めの短編です。 (★★★★)

  • 連城 三紀彦: 白光 (光文社文庫)

    連城 三紀彦: 白光 (光文社文庫)
    登場人物が各自内面を語っていく。少女の死に関し、誰が犯人なのか・・・最後まで告白が真実とは限らない。面白い展開だが最後までひっぱるのでややイラついた。 (★★)

  • 団 鬼六: 往きて還らず (新潮文庫)

    団 鬼六: 往きて還らず (新潮文庫)
    友人がくれた文庫本。著者をみたら「SM!」と読んだら、なんと特攻隊のお話。色っぽい女性も勿論でてくるが、著者の父親の話を戦時下、自分の学生時代を戦後に描いたどの系列にも属さないエロくない作品。 (★★)

  • 連城 三紀彦: どこまでも殺されて (新潮文庫)
    「自分は何回も殺されている」というあり得ない手記から物語は始まる。次の章では高校教師が「僕は殺される」というメッセージを受け取る。その後の展開は予想がつかず凝ったミステリーを味わった。 (★★★)
  • 村山 由佳: W/F ダブル・ファンタジー

    村山 由佳: W/F ダブル・ファンタジー
    自立した女性が他の男性を好きになり、夫と別居。その男性とは上手くいかないが、色々な男性と肉体関係を持っていくと言う、羨ましいお話。主婦がフリーになるにはやはり「お金だ」と痛感した作品。 (★★★)

  • 桐野 夏生: 残虐記 (新潮文庫)

    桐野 夏生: 残虐記 (新潮文庫)
    谷崎潤一郎と同名小説。内容は全く違うらしいが(谷崎未読)、エロスを描いても文学になる。こちらは女児誘拐の話だが、最近あったアメリカの事件を思い出し少女のその後は尋常ではないと痛感した。 (★★★)

  • 道尾 秀介: 向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

    道尾 秀介: 向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
    死人が人間以外の姿で生き返るという現実離れした設定は好きになれないが、小説故の騙しのテクニックが非常に上手い。この作家の世界観に惹かれるからかつい図書館で選んでしまう。 (★★★)

  • 村山 由佳: 星々の舟 Voyage Through Stars

    村山 由佳: 星々の舟 Voyage Through Stars
    直木賞受賞作。家族6人の連作。一作目が内容も主人公も魅力的で衝撃的だったので、その後の作品に物足りなさを感じてしまった。「直木賞作品」ということで期待し過ぎてしまったのかも・・・。 (★★)

  • 村山 由佳: 花酔ひ

    村山 由佳: 花酔ひ
    二組の夫婦がクロスで不倫するというあり得ない内容だが、それぞれの目線から語られる思いは興味深い。エロさも程ほどで、最後に見せる凛とした女性からの「別離」が何故か心に響いた。 (★★★)

  • 中野 孝次: 犬のいる暮し

    中野 孝次: 犬のいる暮し
    「ハラスのいた日々」の続編。ハラスを亡くした後、二匹の柴犬を飼った著者の「愛犬物語」。読んでいると我が家の亡き「タロウ」を思い出し切ない気持ちで一杯になった。犬を愛する人には「そうだそうだ」と共感できる本。 (★★★)