フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2013年8月 2日 (金)

Blythe Outfit⑩

超久しぶりの投稿です。仕事はまだ辞めてませんよ~(笑)
3か月が過ぎ、慣れてきたと言われる頃ですが、まだまだ大変。
でも、ここで辞めるのは悔しいimpactこの年齢でもサービス業出来るぞ!と言えるまでは頑張る~。

仕事はさておき、
久しぶりにブライスのアウトフィットを作成しました。

P1020465まずはワンピ。家にあった花柄を使用。白地は100均で購入。以前ネットで買っておいた型紙でチョキチョキ。ほつれ止めを塗っていよいよミシンです。

P1020477こーんなシンプルなワンピースが出来上がりました。これからアリスのようなエプロンを作ります。

P1020502エプロンの方が大変。今回初めて使う「ジグザグテープ」。よく分からないのでネットで注文。生地の端を可愛くしてくれる優れものでした。これからも使えそう(*^-^)

P1020514

やっぱアリスは水色ワンピじゃないと可愛くない??そのうち安い水色布を購入して再チャレンジしよう。ピンクの花柄でもそこそこキャワイイでしょう?

制作日数  ワンピ 1日 エプロン 半日
費用     ジグザグテープ  330円(送料込)
        白生地       100円  
苦労点   ワンピの襟。上手に縫えない、バランス悪い

上手く出来なくてイライラするけど出来上がって撮影する時がHappynoteupな趣味です。

2013年6月19日 (水)

私が「おばあちゃん」

一昨年結婚した娘が妊娠し、11月になんとこの私が「おばあちゃん」になりますsign03

妊娠が分かった時の私の一言、「エ~!ヤダ~嘘~」
何故なら、一緒にスノボ行きを約束していたので×になったのがショックで・・・「孫よりスノボか」ですが、オジサン入院して今シーズン行けなかったので残念で残念でsweat02
まーー仕方ないのですが・・・

やっと今月5か月になり、6月1日戌の日に「川越氷川神社」にて安産祈願をしてもらいました。今年は風疹が流行っていたので超心配したのですが、調べたら抗体がありホッとしました。また娘は、お金がないからと立ち仕事を続行。やっと安定期突入で一安心です。(夏までは仕事はするそうです)

可愛い女の子がいいなあ・・オジサンは男の子がいいと言っていますが、女系の私とオジサン。無理でしょう(笑)

20130601_120515

2013年5月26日 (日)

久しぶりの近況報告

オジサンは杖も必要なくなり、やや不自然な歩行ですが仕事に行っています。長時間歩いたり、凸凹道は辛いようですですが、帰宅後「冷却シート」を貼って頑張っています。

ところで私ですが、5月から仕事を初めました。

「頑張るゾ」と思ったのですが、職種を間違えたのか超大変(。>0<。)
事務は事務なのですが、田舎のホテルの総務課。(ラブホではにゃい)
なにしろ電話が大変。宿泊、宴会、ウェディング、レストランetc.の電話が代表に入るので新人の私では対応出来ない。そりゃそうでしょ。入ったばかりでなーーんにも分からないのですから。でも社員は営業でいないし、事務の女性も二人しかいないので、電話中は私が出るっきゃない
ヾ(;´Д`A

あれやこれやそれやで、4時間パートのはずが7時間くらい仕事しています。仕事遅いのもあるけれど電話処理で事務仕事が捗らない。人が足りないんですよ。やっぱ!
それでも社員の人は皆頑張ってる。エライなあ。

私はこの一か月、多々ミスばかりして落ち込む日々ですが、事務のパートはこの年齢ではないのでここで頑張るっきゃないのです(涙)
・・・本当は、年齢のせいか、性格のせいか、ホテルのような接客業は向かないようでストレスがすっごい溜まって食欲もないし、夜も眠れず体調壊しがち。。。今後どうなるのかなあsweat01

13695663814261 
制服も15年ぶり。超ミニなんだけどそれってイジメ?

2013年4月29日 (月)

オジサン骨折記録⑩

久しぶりの記事になります。オジサンの足もだいぶよくなりました。
松葉杖→杖→フリーとなるところの杖状態。ここで亡くなったおばあちゃんの杖が役に立っていますc(>ω<)ゞ

20130427_173836
歩きすぎると足首、膝がまだ腫れてきます。

病院へマッサージの為にもっと通った方がいいのですが、有給休暇もなくなり金銭的にも問題があるので月2回程にしています。あとは自宅でストレッチするっきゃないのに余りしていない。

な・の・に、
このゴールデンウィークに「釣り」に行くとほざいた!
「足場のわるい所に行って転んだりしたらもう私は一切面倒みないから!」と怒っても聞きませんshock

20130427_173845
このようにまだ傷も生々しい\(*`∧´)/と言うのに人の意見を全く聞かなく超困ったオヤジです。もう知~らないっと。

2013年4月 7日 (日)

オジサン骨折記録⑨

20130326_170012
↑くるぶしの下辺りが痣っぽい?腫れもまだ残っています。

先生より「左足に全体重かけてもOK」がでました。けれど徐々にです。
それをその日から超頑張ったオジサン。次の日右膝?が痛くて歩けない状態。
無理しすぎたから反対の足に負担がきたのかと思ったのですが・・・。

次の日オジサン曰く「もしかしたら痛風かも・・・・」。
入院中、痛風食だったので痛風も完治したと思っていたのですが、退院後、好きなものをガバガバ食べて元の木阿弥。痛風カンバックです。
次の日休んで掛かり付けの病院で診てもらったら正真正銘の「痛風」。お薬飲んだら痛くないらしい。本当に情けない!

いくら言っても聞きません。お酒も飲み放題、美味しいものも食べ放題、リハビリそこそこ。
これじゃあよくなりませんよねえ。

骨折完治はいつのことやら・・・・・・・・・・・┐(´-`)┌プンプン

2013年3月28日 (木)

オジサン骨折記録⑧

Photo

↑いんだか、悪いんだか、コメントできず。
アキレス腱(この字?)が硬いとかで伸ばすリハビリをしています。が、よい方の脚でも変わらないのでそれってもともと硬いんじゃない?

仕事もボチボチ行っていますが、年度末で残業したいけれど帰路が混むのでそれができずイライラ状態。
でもね・・・それは私も同じでしょうsign01
仕事を探そうと頑張って履歴書送っているのになんかタイミングが悪い。
面接まで行けたのにおばあちゃんの四十九日に重なったり、オジサンの病院行きがあるのでシフト勤務できず断られたりで、落ち込むこの頃。

皆に言われるけれど、仕事を選んでなんかいませんよ。この年齢でスキルのない私。お掃除だって、工場の流れ作業だって、なんだってやるぞと思っているんです。でもダメなんですsweat02
仕方ないとは思ってもそろそろι(´Д`υ)アセアセ(´Д⊂グスン

2013年3月11日 (月)

オジサン骨折記録⑦

月日は早いものでおばあちゃんのお葬式から二十日余りが経ちました。
オジサンはまだ松葉杖一本にしてはいけないと言われているのに勝手に一本にし、6日に出社しました。

うちから会社まで1時間半かかります。私も娘も「まだ無理だから止めなさい」と言いましたが聞きません。「自己責任で行くのだから何かあってももう面倒みない!」と最後通告。
電車でも会社でも迷惑なだけな存在だとどうして分からないのでしょう。
あと1か月は休職し、先生からOKがでたら出社するのが当たり前です!

で、当日。
荷物があるので私が会社まで車で送っていきました。私は運転が苦手、東京まで超不安でしたがどうにか送りました。帰りはどうにか帰ってくるというので勝手にさせました。
次の7日は午前中にストレスからか腹痛になり早退。8日は休み、本日11日に性懲りもなくまた出社して行きました。

いくら言っても聞かないのです。社会から離れてしまい、会社にも迷惑をかけ、不安になるのは充分分かります。でも今の状態では無理なんです。骨折は時間がかかるのです。時間が回復させるので仕方ないと納得し、この時間にパソコンの勉強をするとか何かに活かす方法を考えるべきだと思うのです。が、結局夫婦喧嘩になってしまうので自分のストレスを溜めないようほっておくことにしました┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

つづく

2013年3月 1日 (金)

オジサン骨折記録⑥

おばあちゃんの通夜、告別式が終わり、お姉さんたちも帰りやや落ち着きました。

が、オジサンが家にいるので定年後の夫婦のような不満が満載~sign05
食事を三食作らなくてはならないし、脚が不自由なのでストレスが堪るようで超うざい。ちょっと出かけるのに「何時に帰るの?」とか私の自由がなくなりマイストレスが頂点~!

20130301_191249
パンパンに腫れています。まだ加重してはいけないのに本人が勝手に無理するので腫れてしまうのです。いくら言っても聞きません。

もう、全く毎日大変ですう(*≧m≦*)

2013年2月22日 (金)

オジサン骨折記録⑤

2月18日におばあちゃんが亡くなりました。
インフルエンザで5日入院→心不全→虚血性心筋症とあっという間のことです。93歳ともなると体力がなくインフルエンザで全ての臓器が弱ってしまったようです。
私としては、、オジサンの入院等で取りあえず施設に預けようという感じでした。結果、早々に容態に気付いてあげられなかったのは申し訳なかったと思います。

入院中困ったのは、先生からの「延命処置はどうしますか?」。オジサンもオジサンの姉たちも「いらない」と言いますが、それを嫁が言うのは何か気まずい…。
食事がとれなかったので「点滴栄養」→「中心静脈栄養」(血液に入れる栄養)→胃ろう(胃に入れる栄養)になるようですが、「中心静脈栄養」を病院にお願いしたら姉たちに「延命になるからよかったのに」には怒り心頭!
「こっちに来て自分で言って下さい」ですぐ姉二人が来ました。
先生からは「持ち直すと寝たきりになる」と言われたので姉たちと老人病院を探し始めたのが18日です。その日の夜間、危篤になり死に目にもあえず亡くなりました。一番偉かったのはおばあちゃんです。寝たきりにもならず、闘病2週間で終止符。私と仲良かったとは言えませんが今は深く悼み、安らかに天国へと願っています。

オジサンは意外と落ち着いていて、自分のことだけに必死です。

20130221_185128
22日退院予定を19日に急きょ退院し、お通夜、告別式に出席したらこの腫れです。実際何もできない存在で邪魔なだけ。だから”親不孝”って思う訳です。

2013年2月18日 (月)

オジサン骨折記録④

オジサン14日より本格的リハビリに入り、22日に退院が決まりました。まだまだ松葉杖を使ってやっと歩ける状態↓なので帰ってきても日本家屋の我が家では大変ですsweat01

Photoタバコを吸いに院外へ。そこも禁煙です!

それより問題はおばあちゃんsign01
インフルは全快したけれど心不全で一時は危ないかと思ったけれど持ち直してしまいそう・・・勿論望んでいる訳ではありませんが、そうなると病院から追い出されてしまうのです。
現在は、中心静脈栄養といって鼠蹊部の静脈から高栄養を入れています。これって延命処置じゃないの?と思うのですが、病院では口から栄養が取れないと点滴→中心静脈栄養となってしまうようです。勿論承諾書にサインさせられました。嫁の私が「止めて!」なんて言えません。延命処置の気管内への管は希望しないと勿論伝えました。

年齢も年齢だし、苦しそうな様子をみると痛くなく、静かに眠るように逝けるのが一番と思うのですが、今の医療って生かされてしまうんですね。
またおばあちゃんは年金を貰っていないので支払全てを4人の子供が負担しなくてはならないのです。現在姉三人のうち二人が我が家に来て話し合い真っ最中。いくら安い老人病院でも12万円はするそうで一家庭3万円也。
長男(オジサン)休職中の我が家では本当にその出費は苦しい!それがいつまで続くか・・・頭の中真っ暗です。

考えなくてはならないけれど、考えたくない。姉たちの食事等で忙しく心身ともに疲れてしまい実際考えられない。これからどうなるのでしょう・・・・weep

2013年2月10日 (日)

オジサン骨折記録③

オジサン2月7日に抜糸も済み、あとはリハビリのみ(≧∇≦)

20130208_150816車椅子から松葉杖へ。ステップアップと思ったけれど松葉杖って大変みたい?

20130208_150848包帯もいらないので一見歩けそうだけど、14日までは付加NG。浮腫みが取れません。

20130209_1422009日の状態。腫れ引かず。

5日より同居の93歳姑がインフルエンザで入院。3人家族のうち二人が入院です(涙)
10日より私が熱っぽくインフル??ただの風邪で動けるといいのですがなんとも言えない現状です。

私にとって余りにタイミングの悪い知らせが・・・おばあちゃんの入院と同時に就活先より連絡があり、第一希望は駄目でしたが、少し遠い所での斡旋を頂きました。仕事内容が気に入っていたのでおばあちゃんの入院がなければ勿論うけていました。が、一人で請け負う内容だったので本当に残念でしたが断りました。
初仕事早々「早退したい」「お休みしたい」なんて言えますか?

介護や介助はまだ頑張れますが、これは本当に残念で悲しかったsweat02

2013年2月 1日 (金)

オジサン骨折記録②

1月13日に入院して、やっと24日に手術しました。脛骨の中に髄内釘を使用し強固に骨折を内固定するそうでギブスより早く歩行可能になるとのこと。(よく分からないけど)
その日は、午後3時予定だったけれど最終手術だったらしく遅くなってしまいました。実際には5時過ぎに始まり、約1時間半予定。娘は仕事後駆付けるとのことで一人待つことに。

娘が着いた途端手術終了、「ICU」へ。オジサン、酸素マスクしていたけれど意識はあり、「痛い、痛い、痛い~~」。(オトコは痛みに弱い?)
看護師さんに痛み止めの薬をお願いして早々に帰宅。何故なら「ICU」は15分面会だったのです(^-^;

次の日夕方行くと普通の病室に戻っていました。痛みも昨日程ではないらしく落ち着いていました。

20130125_171935
腫れ上がって二倍の太さになっています。1月14日

20130129_144539
右足との比較がすごい。1月29日


20130130_143020_2
脚を下に下せるようになりました。リハビリ目的で指を開いてみる。1月30日

20130131_144206_2
右足バレリーナの足、左足アメフトの足。まだ腫れが引きません。

車いすと松葉杖でどうにか病室、売店、トイレには行けるようになりました。五体満足がどんなにありがたいか実感する毎日です。
私は日々30分かけてお見舞いに行っています。最近シャワーもOKになったので介助の日々。おばあちゃんの世話もあるので夕方早々に帰宅します。

介護には慣れてきたのですが、そろそろ本気で仕事探しを開始しました。入院費用は高額なんとかで9万円位に抑えられますが、お給料も2-3か月後からは60パーセントになるので私の収入が必要です。
オジサンも勿論保険には入っていましたが大した金額は出ないので不安です。(最近、保険の見直しをし、もう一つ入ろうとしたけれど持病の為断られた経緯あり)

今更愚痴っても仕方ないので、介護+就活頑張ります★

2013年1月26日 (土)

オジサン骨折記録①

私は無職。オジサンとのスキー場行きは金銭的に厳しいので今シーズン一回と決め1月12.13日で群馬県「宝台樹スキー場」へ行ったのです。
それが悲劇の幕明けでしたsweat01

12日は天気もよくsunサイコーo(*^▽^*)o
次の日13日は、オジサンの会社の人も合流して3人でリフトへ・・・そのリフトは二人乗りなのでオジサンと会社の人、私は一人で後に乗りました。するとオジサンのショートスキーの片方が外れてしまったのです。
私は後ろでどうするのかな?と思いましたが会社の人も付いているのでどうにかなるでしょうと能天気。が、降りた途端オジサンはすってんころりん、転んだまま動けない状態に。私が近寄ると「「痛い!」と呻く。冗談だと思ったけれど本当みたい・・・・

リフトは止まったままだし、取りあえず痛がっていたけど構わず脇によせ、救急隊員を呼んでもらうことに。そういう時、さぞかし恥ずかしいんだろうと思ったけれどそんなこと考える余裕もない。そして待つって長い。やっとスキーをはいた隊員二人がやってきてボートのようなものに載せ救急センターまで運んで行ってくれました。
私は取りあえず車をそこまで持ってくるようにとの指示だったので民宿に戻り荷物を載せ、車で救急センターへ。幸いなことに晴れていたので道路に雪がなく私でも運転ができました。(ホッ)

センターでは接骨院の先生が丁寧に診て下さり、「多分骨折しているので自宅近くの病院ですぐに診てもらいなさい」と。私、頑張りました。大の苦手の運転を群馬の山奥から埼玉まで休憩もとらず約2時間で走破。

が、そこからが大変だったのです。その日は三連休の真ん中の日曜日。病院はお休み。近場の総合病院へ片っ端から電話をしたのですが、どこも診てもらえずやっとOKがでたのが関越道のインター一つ下ったところの病院。我が家から30分はかかります。また高速道路に戻り病院へ。

レントゲンを撮ると綺麗に折れてましたあ(≧m≦)左足首から7センチ上あたり。
それまで骨折なんか1か月くらいで治るのと思っていたのですがとんでもない!
先生曰く「手術をしても3か月は仕事できないよ」ですって。そして手術の待ちが10日くらいかかるそう。手術待ちって当たり前のようでした。

まあ、取りあえず入院ということで私はまた自宅に戻り入院の用意をしたり、なんだかんだ、目まぐるしくテンヤワンヤ。自分自身一杯一杯でその後娘がかけつけてきてどうにか落ち着くことができました。
それからの長い骨折介護記録を少しづつ記していきたいと思います。私の細い肩に92歳の介護2のおばあちゃんとオジサンの二人の介護がのしかかったのですsweat02

20130112_104234
12日はこんなに晴れて気持ちよかったのに(涙)

追記:車で戻る途中オジサンが「痛いからそっと運転してくれ~」と言ったのですが、私は運転に必死、聞く耳持たず。後で看護師さんから「骨折の痛みのなかよく遠路車で帰ってきたわね」と言われたとかヽ(*≧ε≦*)φ

2013年1月 6日 (日)

Happy New Year 2013

今年もいよいよ始動。よい年になるのか、ならないのか不明ですが、仕事を探し私なりによい年にしたいと思っております。今年も何卒よろしくお願い致しますm(_ _)m

新年早々ショッピング♪
20130106_163448_2
引退予定だったスノーボードですが、あと少し滑りたい!と思ったがビンディング↑がこんな状態(涙)
やはり新しいビンデを購入しなくてはと思ったけれど、新品は高額!なのでネットで中古を探しました~板は型落ち、ビンディングは中古を購入。1万円台でゲット!

20130106_164406_2
もっと派手な板が欲しかったけれど年齢が年齢なので地味な板↑をチョイス。ビンディングも中古ながらひどいダメージもなく2、3年は大丈夫かな?

飛んだり跳ねたり、パークで遊んだりは出来ませんが、ケガに気を付けてゲレンデを楽しく滑りたいと思います
年齢を重ねると出来ないことが増えて本当に寂しく残念。その狭間で私はまだ頑張ってみたい。応援よろしく\(;゚∇゚)/です。

2012年12月31日 (月)

来年へ

本当に早いもので今年もあと少し。
柳美里著「命」の言葉だったと思います。不幸は状態であり幸せは瞬間だと。
私は今年幸せの瞬間をいくつ持てたのだろう?来年はいくつの幸せを感じることができるのだろう?そして現在の私は不幸な状態なんだろうか・・・

さて、年末恒例。今年のお薦め映画を紹介します。感動もの、面白かったもの、凄いと思ったもの、いっしょくたです。

洋画
★★★★
マイウェイ 12000キロの真実
戦下の馬
最強のふたり
★★★
ドラゴン・タトゥの女
アーティスト
ヘルプ 心がつなぐストーリー
ソウル・サーファー
トガ二 幼き瞳の告発
人生の特等席
アルゴ

邦画
★★★
北のカナリア
のぼうの城

今年は38本鑑賞。昨年より少ないけれど雇用保険を頂いていたのでそれなりに観ていたようです。来年は絶対仕事を見つけるぞ!来年のワタシは就活sign03
皆様にとって来年もよき一年になりますように★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2012年12月26日 (水)

鑑賞映画エトセトラ 11/10~12/25

無職、専業主婦になったので映画movieを控え気味にしています。エライ!
一か月半で観たのが、

アルゴ
シルクドソレイユ
人生の特等席
007 スカイフォール
悪の教典

意外と観てますねc(>ω<)ゞ
期待していなかったのにハラハラドキドキさせてもらったのが「アルゴ」。感動させてもらって気持ちよく映画館をでたのが「人生の特等席」。鑑賞年齢が皆高齢だったけどファンの気持ちがわかる「007」シリーズ。
「シルクドソレイユ」は実演を観るべきだと思い、「悪の教典」はAKBの誰かさんも言ったようにグロメイン。気持ち悪かった。書籍だと主人公の生い立ち等で納得いったのかもしれません。

という訳でやはりお薦めは「人生の特等席」かな?これからもよさそうな映画movieをチョイスして観て行きたいと思いま~す。

2012年12月24日 (月)

Happy Merry Christmas♪

今夜はクリスマスイブ。皆様いかがお過ごしですか?

私は特に好きじゃないけれどオジサンの為に(仕方なく)チキンを焼きました。

20121224_180018_2 xmas

今回はお腹にピラフを詰めたので小ぶりチキンでもお腹一杯になったし、そこそこ美味しくて成功!です(笑)

今年もあと僅か・・・年の瀬ってなんか寂しいですね(*゚ー゚*)

2012年12月15日 (土)

ウィンターシーズン到来

寒くなってきたのでブライスたちにニットの長袖ワンピと帽子を編んであげました。

20121215_101339

ブルーにはクリスマスらしい色合いで。ワンピは棒針、帽子はかぎ針で編みました。

20121215_112117_2

この色が好きなので模様も入れてみました。帽子も棒針に挑戦。

20121215_111922

マリーには混ざり毛糸でシンプルに。
洋裁と違い編み物は編図なしで作れるので自分のデザインが活かせます。確か私の小学生の夢はデザイナーだったような・・・

さて、今シーズン。スノーボードをどうしようか悩んでいます。お金はないけどあと何年できるか分からないスポーツ。せめてあと一年・・と思ってしまう優柔不断な私。
実は先日友人と狭山の屋内スキー場へ行って来ました。毎年足慣らしをするところです。
するとやっぱり滑りたい!

回数は減ってもいい、あの雪景色に立ち、気持ちよく滑りたい!
そろそろ失業保険も切れるので「経済的に」をモットーに、数回でも行けたらと思います。

2012年12月14日 (金)

トイレが詰まった!

ごぶさたしていますc(>ω<)ゞ
平和な毎日で記事にすることがなかったのですが、先日我が家のトイレが詰まった!
いかに平和がいいか実感する事件でした。

朝5時半にオジサンに起こされ「トイレが詰まったけどもう出かける」と出勤。(オジサン出勤時私が寝ている点には触れないで)
まじめな私はそれから例のトイレをシュパシュパする奴でずーーっとやること2時間sweat01
気が付くと手には3つのマメが・・なぜならうちの痴呆のおばあちゃんがトイレに行きたいと私の後ろで急かす゚゚(´O`)°゚
幸いなことにその日はデイサービスだったのでおばあちゃんを8時に送り出したところで「もう無理」と業者を探すことに。

水回り関係はお高いと有名なので・・何を根拠に探せばいいのか・・
16時過ぎにはおばあちゃんが帰ってくるので悠長なことは言ってられない。近場で良心的と謳っていたところに電話。

昼過ぎに来てくれたけれど、トイレを取り外さないと原因のものを取り出せないから料金が高くなると告知。仕方ないから依頼するが、取り外しても原因分からず。
下水道の方かと調べてくれるがそこでもないらしい。(一応プロの見解)
残るはトイレと下水道までの1メートルの間。そこでまた「高圧洗浄は別料金です」と。でも、もう仕方ないでしょう。他の業者に頼むにももう時間がない。

高圧で管を洗浄するとな、な、な、流れた!!!!!(特に詰まったものは発見されず木の根みたいなのが出てきた)
トイレを元通りにしてもらって3時過ぎ。請求額は「4万4千円也」
「そんなにお金ない!」とごねにごねて3万円にして貰う。(私の手のマメを見て可哀そうにって手を摩ったスケベ親父だからまけて当然)

その後聞いたり、ネットを見たりするとやはり水道関係は「水商売」と言われているらしく、困っているのに付け込んで高額を請求するそう。急を要するから高くてもお願いしちゃう。まさにうちです。ひどいところは17万円請求されたとか。まだ3万円は安かったのかと妙に納得。

どなたか、良心的でまともな水回り業者知っていたら教えてくださーーい(*_ _)
だって、下水道に木の根って、まずいでしょう?また詰まったら今度は水道管を取替るようですo(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

2012年11月27日 (火)

Blythe Outfit⑨

ブライスのために作ったセーターなのにジェニーちゃんの方が似合ってしまいました。きっと首が長く頭が小さくスタイルがいいからでしょう・・人間と同じなん(笑)

 
  005_3
可愛いマリーちゃんですが・・それなり
 
 20121127_095538
平坦フェイスのジェニ-ちゃんは色っぽ~いheart02
 

«Tenten Outfit⑤

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

♪読んでみて♪

  • 新津 きよみ: 同窓生 (角川ホラー文庫)

    新津 きよみ: 同窓生 (角川ホラー文庫)
    久しぶりにホラーを読みました。やはりあり得ない度高い作品は苦手です。幽霊とか宇宙人を信じないタイプなので・・・ごめんなさい。 (★★)

  • 道尾 秀介: ソロモンの犬

    道尾 秀介: ソロモンの犬
    騙されてしまったラストは「やられた~」と感じたが、それまでのすっきりしない個所にイラつく。登場人物がどう思い、感じているのか不明で(それが狙い?)なかなか読み進めなかった。 (★★★)

  • 吉田 修一: 女たちは二度遊ぶ (角川文庫)

    吉田 修一: 女たちは二度遊ぶ (角川文庫)
    恋愛短編集。若い頃の特になんでもない、時を切り取ったようなショートストーリー。納得できるような、できないような男女間の機微。 (★★)

  • 道尾 秀介: 月と蟹

    道尾 秀介: 月と蟹
    直木賞作品。直木賞作品?と正直思ってしまった。この作家、もっと面白い作品が多々あるのに文学的だから?分からない。 (★★)

  • 工藤 美代子: 快楽(けらく)―更年期からの性を生きる (中公文庫)

    工藤 美代子: 快楽(けらく)―更年期からの性を生きる (中公文庫)
    「婦人公論」で連載時話題だったので図書館で借りてみた。性に関してばかりでなく更年期の脱出方法等興味深い内容だったが、渡されるとき表紙を後ろ向きにされたのは何故? (★★)

  • 嶽本 野ばら: 破産

    嶽本 野ばら: 破産
    最近、脚色ありでしょうが、私小説が多いように思う。 できたら以前のような野ばらさん世界満載の乙女チックなロリータ恋愛ストーリーが読みたいなあ。 (★★)

  • 佐々木 譲: 廃墟に乞う (文春文庫)

    佐々木 譲: 廃墟に乞う (文春文庫)
    直木賞作品。警察小説が好きかにもよるが、私は主人公に魅力を感じることができず、連作の個々の事件にも共感できる要素が残念ながらなかった。個人差だろうか・・ (★★★)

  • 桜庭 一樹: 無花果とムーン

    桜庭 一樹: 無花果とムーン
    「GOSICK」で有名な著者。こちらもファンタジー色豊かでルナティックなストーリー。オバサンにはやはりついていけない(涙)。直木賞受賞作のような重い小説を期待してしまう。 (★★)

  • 道尾 秀介: カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

    道尾 秀介: カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)
    評判がよかったので読んでみた。確かに騙され度高く面白かったが、最後のこれでもかという逆転劇はいらなかったような・・・そこまでする必要性を感じることができなかったのが残念。 (★★)

  • 我孫子 武丸: 殺戮にいたる病 (講談社文庫)

    我孫子 武丸: 殺戮にいたる病 (講談社文庫)
    叙述トリックと言うようだが登場人物をずっとある人物と思い込んで読むと最後にそうではないと驚かされる。同じトリックを最近読んだし、余りにグロいホラーなのでちょっと(。。) (★★)

  • 百田尚樹: 幸福な生活

    百田尚樹: 幸福な生活
    百田尚樹作品を読み漁っている。初めてのショートショート。最後の一行であっと言わせる結末が圧巻。長編もすごいが短編もすごい。お薦めの短編です。 (★★★★)

  • 連城 三紀彦: 白光 (光文社文庫)

    連城 三紀彦: 白光 (光文社文庫)
    登場人物が各自内面を語っていく。少女の死に関し、誰が犯人なのか・・・最後まで告白が真実とは限らない。面白い展開だが最後までひっぱるのでややイラついた。 (★★)

  • 団 鬼六: 往きて還らず (新潮文庫)

    団 鬼六: 往きて還らず (新潮文庫)
    友人がくれた文庫本。著者をみたら「SM!」と読んだら、なんと特攻隊のお話。色っぽい女性も勿論でてくるが、著者の父親の話を戦時下、自分の学生時代を戦後に描いたどの系列にも属さないエロくない作品。 (★★)

  • 連城 三紀彦: どこまでも殺されて (新潮文庫)
    「自分は何回も殺されている」というあり得ない手記から物語は始まる。次の章では高校教師が「僕は殺される」というメッセージを受け取る。その後の展開は予想がつかず凝ったミステリーを味わった。 (★★★)
  • 村山 由佳: W/F ダブル・ファンタジー

    村山 由佳: W/F ダブル・ファンタジー
    自立した女性が他の男性を好きになり、夫と別居。その男性とは上手くいかないが、色々な男性と肉体関係を持っていくと言う、羨ましいお話。主婦がフリーになるにはやはり「お金だ」と痛感した作品。 (★★★)

  • 桐野 夏生: 残虐記 (新潮文庫)

    桐野 夏生: 残虐記 (新潮文庫)
    谷崎潤一郎と同名小説。内容は全く違うらしいが(谷崎未読)、エロスを描いても文学になる。こちらは女児誘拐の話だが、最近あったアメリカの事件を思い出し少女のその後は尋常ではないと痛感した。 (★★★)

  • 道尾 秀介: 向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

    道尾 秀介: 向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
    死人が人間以外の姿で生き返るという現実離れした設定は好きになれないが、小説故の騙しのテクニックが非常に上手い。この作家の世界観に惹かれるからかつい図書館で選んでしまう。 (★★★)

  • 村山 由佳: 星々の舟 Voyage Through Stars

    村山 由佳: 星々の舟 Voyage Through Stars
    直木賞受賞作。家族6人の連作。一作目が内容も主人公も魅力的で衝撃的だったので、その後の作品に物足りなさを感じてしまった。「直木賞作品」ということで期待し過ぎてしまったのかも・・・。 (★★)

  • 村山 由佳: 花酔ひ

    村山 由佳: 花酔ひ
    二組の夫婦がクロスで不倫するというあり得ない内容だが、それぞれの目線から語られる思いは興味深い。エロさも程ほどで、最後に見せる凛とした女性からの「別離」が何故か心に響いた。 (★★★)

  • 中野 孝次: 犬のいる暮し

    中野 孝次: 犬のいる暮し
    「ハラスのいた日々」の続編。ハラスを亡くした後、二匹の柴犬を飼った著者の「愛犬物語」。読んでいると我が家の亡き「タロウ」を思い出し切ない気持ちで一杯になった。犬を愛する人には「そうだそうだ」と共感できる本。 (★★★)